やむの気ままな備忘録

やむの気ままな備忘録

人見知り&インドアによる超アクティブ旅行記

【伊香保温泉】超満喫!1泊2日の観光スポットスケジュール

 

f:id:yam_kimama:20190406222507j:plain

 

こんにちは。やむ(@yam_kimama_)です。

1泊2日で旅行スケジュールを組むことが多いので、旅先では行きたいところがたくさんありすぎるせいで、かなりアクティブに動き回っています。

伊香保温泉では車で移動するよりも、徒歩で周れるほど観光スポットが集まっているのでそれぞれの場所への移動がしやすいのが特徴です。

今回は実際に行ってみた場所を時系列に沿ってご紹介していきます。
タイトなスケジュール感ではありますが、気になる場所があれば旅行に行く際に参考にしてみてください。

 

 

伊香保温泉1泊2日 超満喫スケジュール 

【1日目】8:30 都内から伊香保温泉へ高速バスで移動

f:id:yam_kimama:20190812185034j:plain

都内から伊香保温泉までの移動は高速バスがおすすめです。
早割り特典もあり最安値で行くことができます。

 

高速バスネット
https://www.kousokubus.net/BusRsv/ja/

都内の場合はバスタ新宿や練馬発着で所要時間は1時間半ほどなので疲れを感じることも少ないと思います。

 

ネットにて予約可能です。

①発着地・日付選択
②希望の時間を選択
③座席を選択(女性席あり)
④支払い方法を選択
⑤予約完了

の流れになります。

 

①の発着地選択の欄ではバス停まで指定できます。

1.渋川駅
2.伊香保温泉
3.伊香保石段街

の3つがあり、伊香保温泉街に一番近いバス停は3つ目の伊香保石段街のバス停です。
地図上だと、オレンジ色のポイントになります。

 

当日の予定に合わせてバス停を選んでください。

 

 

予約完了後、メールが送られてくるので当日はそのメールに添付されているQRコードを提示すればバスに乗車することができます。チケットレスなので無くす心配もなく安心です。

 

バス停の場所もメールに添付されていて地図のURLもあるのでご安心下さい。
高速バスは本数が意外と多いので希望の時間に近い時間で指定可能です。
また、座席指定もできるので友人や家族と席が離れる心配もありません。

 

10:40 伊香保石段到着 

f:id:yam_kimama:20190812184848j:plain

伊香保温泉街は標高が高い場所に位置しているので、空気が澄んでいて石段入り口の段階で見晴らしがとても良いんです。

f:id:yam_kimama:20190812184745j:plain
高速バスでは途中SAにて休憩できますが、石段口左手にトイレがあります。

石段登っている途中では見つからない可能性がある(混んでいる)ので、こちらで済ませておいた方がいいかもしれません。

365段登っていきますよ。

f:id:yam_kimama:20190812184640j:plain

11:10 石段365段登り切る

f:id:yam_kimama:20190812184611j:plain

 

石段では登りながら写真撮影をするのがメインでした。

何度も言うのですが、とにかく見晴らしがよくて良い眺めなんです。

 

石段の途中ではなつかし横丁というお店があって射的など遊ぶことができるお店もありました。

 

f:id:yam_kimama:20190812184729j:plain

 

私たちはちょっと店内覗いただけなのですが、昔ながらの雰囲気がありお子さんに人気のお店でした。

 

f:id:yam_kimama:20190812184714j:plain

 

11:20 伊香保ロープウェイで展望台へ向かう

f:id:yam_kimama:20190812184530j:plain

365段登りきった後は、脇の小道を進んで伊香保ロープウェイに向かいます。

往復チケットは大人が820円になります。

約15分間隔で発車しているのですが、早く着いてしまった場合でも待合室があるので冬も夏も大丈夫です。

 

片道5分ほど登ると、頂上は見晴駅という名称の終着点があり場所全体が上ノ山公園になっているようです。

 

f:id:yam_kimama:20190812184454j:plain

 

ここから天下の絶景といわれているときめきデッキを目指します。

ときめきデッキというネーミングセンス...最高ですね笑

 

f:id:yam_kimama:20190812184413j:plain

 

365度パノラマ撮影ができます。

伊香保全体が見渡せ、素晴らしい眺めでした。

 

f:id:yam_kimama:20190812184510j:plain

 

12:50 ランチは游喜庵にてカレーうどん

 

旅行先でカレーうどん?と思われるかと思いますが、伊香保で有名な水沢うどんを使ったカレーうどんが楽しめます。

ロープウェイからは少し距離があるのでバスを利用することをおすすめしますが、私たちは徒歩で向かいました。
約15分ほど歩きましたね。

 

f:id:yam_kimama:20190812184352j:plain

 

游喜庵はお土産屋さんと併設されているので、食事後にお土産等購入することもできます。

 

f:id:yam_kimama:20190406115053j:plain

 

一言にカレーうどんと言ってもいろんな種類があり、うどん好きにはたまらないです。

トッピングもいろいろあるのですが、その中でも揚げ野菜をおすすめします。
みずみずしく野菜本来の甘さが十分に感じられとても美味しかったです。

 

13:40 黄金の湯館に立ち寄る

 

ランチ後は黄金の湯館に行く予定だったのですが、食後の消化が思った以上に進まなかったので今回は断念しました。

なので入口まで行き、顔はめパネルで写真を撮り証拠だけ残していきました。笑

 

f:id:yam_kimama:20190812184312j:plain

 

15:00までだと680円で入浴可能なので気になる方は立ち寄ってみてください。

 

13:55 入幡坂を進み宿泊先の美松館へ向かう

f:id:yam_kimama:20190812184251j:plain

 

少し早めのチェックインをしに旅館へ向かうことに。
またもや徒歩で向かいました。

 

f:id:yam_kimama:20190812184226j:plain

途中、ちょっとした休憩スポットがあったので歩き疲れた私たちは一休みすることに。

ここでも伊香保の山々が見渡せて最高なんですよね。

 

f:id:yam_kimama:20190812184202j:plain

 

私たちが宿泊した美松館では、お食事や眺め良しの貸切露天風呂が楽しめる旅館で、お値段もリーズナブルで最高の旅館でした。

www.yamkimama.me

 

14:30 伊香保源泉地は硫黄がすごすぎる 

 

せっかくを楽しみに来たので伊香保温泉の源泉地を見に行こうということで出発。
伊香保温泉街の頂上あたりから進むことができますが、少し距離があります。

源泉地に近づくほど、硫黄により黄色く変色している部分が増えていき独特の匂いもしてきました。

 

f:id:yam_kimama:20190812184141j:plain

 

そして、この温泉の飲泉所もあったので一口飲んでみることに。

 

f:id:yam_kimama:20190812184040j:plain

 

がっつり飲んでしまった私なのですが、あの独特の鉄のような味が思ったより強く水を持ってきていないことに公開しました....

味見する際はひと舐めくらいで十分なのでくれぐれも慎重に味見してください。

 

f:id:yam_kimama:20190812184107j:plain

f:id:yam_kimama:20190812184020j:plain

 

源泉の近くには露天風呂がありますが、今回は入る予定がなかったのでそのままUターンしました。

 

f:id:yam_kimama:20190812183958j:plain


ちなみに途中では河鹿橋という朱色の橋があり、秋には紅葉の観光スポットとしてライトアップがされる名所があります。

 

f:id:yam_kimama:20190812183940j:plain

 

紅葉がなくても写真映えしそうなスポットです。

 

【2日目】9:20 穴場の足湯スポット金太夫へ

f:id:yam_kimama:20190407113219j:plain

 

伊香保温泉街にはいくつか足湯スポットがあるのですが、こちらは穴場だと思います。

ホテルに併設されいる足湯ですが、宿泊していない方でも利用可能です。

www.yamkimama.me

 

宿泊した美松館からも徒歩3分ほどで近く、石段からも近いのでぜひ利用してみてください。

 

9:45 勝月堂でできたて湯乃花饅頭を食す 

f:id:yam_kimama:20190406222512j:plain

 

実は1日目の午後に1度立ち寄ったのですが、売り切れてしまっていたので朝いちばんに向かいました。

やはり狙い目は午前中ですね。

1つずつバラで購入することができ、その際はお皿での提供となっています。

 

f:id:yam_kimama:20190406222513j:plain

f:id:yam_kimama:20190406222514j:plain

 

できたての温かい湯乃花饅頭はほどよいあんこの甘さでしつこくなく、とても美味しかったです。

9:50 伊香保神社からアクティブコースを進む

f:id:yam_kimama:20190812183818j:plain

 

石段頂上にある伊香保神社の左脇に道があるのですが、展望台があるということで進んでみることに。

これの軽い判断が後々の悲劇につながるとは思いもしませんでした...

なんとこの展望台は、先ほどご紹介したロープウェイで登った先にある展望台のことを指していて、それを知らなかった私たちはなんの疑いもなく進んでしまったのです。

地図を見ると分かるのですが、伊香保神社からロープウェイで行く展望台がある見晴駅までのルートは地図にはないのです。

道は整備されているのですが、進めば進むほどガチの山登り状態になっていることに気づき、なぜこんなことになったのか笑い出してしまうほどです。

 

f:id:yam_kimama:20190812183748j:plain

 

しかも、展望台がロープウェイ先の展望台だと気づいた時にはすでにかなり進んでいたので、引き返すこともできずただただ私たち以外誰もいない山道を登り続けました。

今思い出しても笑っちゃいます。

だって、めちゃめちゃ軽装すぎて周りとのミスマッチ感がすごいんですよ!

 

10:10 ようやく頂上へ到着

f:id:yam_kimama:20190812183649j:plain

 

20分ほど登り続けようやく到着。
やはり、1日目にロープウェイで来た場所と同じところでした。

 

f:id:yam_kimama:20190812183631j:plain

 

せっかくなのでまた展望台まで行き、帰りはロープウェイにて下山。

朝からアクシデントに見舞われましたが、これも旅行の醍醐味ですね。

 

11:20 ランチは水沢うどんを

f:id:yam_kimama:20190406114151j:plain

 

2日目のランチもうどんにしました。

水沢うどんが食べられるお店はいくつかありますがその中でも田丸屋に行ってきました。

店内はかなり広く風情があり、雰囲気がある造りでした。

www.yamkimama.me

 

12:20 水沢寺でパワーを授かる

f:id:yam_kimama:20190812183557j:plain

 

群馬県にある水沢観音は、群馬県を代表するパワースポットとして知られています。
境内には、女性にご利益があると言われる御本尊や、金運アップのご利益があるエリアなどがあり、屋台もあるので伊香保の観光スポットとしておすすめです。

おみくじを引いてみると初の大吉で驚きました。

 

f:id:yam_kimama:20190812183544j:plain

 

一通り境内を回った後は屋台がある方へ向かい、まんじゅう焼きを食べました。

 

f:id:yam_kimama:20190812185045j:plain


甘じょっぱいタレがかかった焼きまんじゅうは初めて食べたのですが、1つが大きいので2つでおなか一杯になります。

 

14:00 石段街に戻り足湯「辰の湯」へ

f:id:yam_kimama:20190812184700j:plain

 

帰りのバスは行きと同じ石段口発なので戻ってきました。

石段を上る途中に足湯があり、こちらも金太夫同様旅館の足湯なのですが、自由に入ることができます。

 

f:id:yam_kimama:20190406222509j:plain

 

10分ほど温まり混む前に出ました。

 

14:40 穴場の貸切風呂で芯からぽかぽか

 

足湯から出て散策しようとしたところ、たまたま発見したのが丸本館です。

 

f:id:yam_kimama:20190406222517j:plain
 

こちらでは、黄金の湯かけ流しの貸切風呂を500円にて楽しむことができます。

あまり目立たないので、観光できた方にはあまり知られていないと思うので穴場スポットですね。

www.yamkimama.me

 

15:29 バスにて東京へ 

 

石段を下り、バスを待ちます。

時間通りに出発するので乗り遅れないようご注意ください。

 

f:id:yam_kimama:20190812185018j:plain

 

石段を下っていくときは景色を楽しみながら下っていけます。

 

まとめなどもろもろ

 

私たちが行ったのは4月なのですがまだまだ寒く、伊香保は標高が高いこともあり一層冷え込んでいました。

風も強くふいているので防寒対策をしっかりして行くことをおすすめします。

 

また、お土産購入場所は1日目に行った游喜庵に併設されている食の駅が伊香保でも大きなお土産屋さんですが、買いそびれてしまった場合でもSAに立ち寄るので買えなかったものはこちらでも購入可能です。

ちなみに私はゆべしを購入しました。

 

往復に利用したバスは、草津が終着なので2泊3日で伊香保と草津を巡るのもいいかもしれません。

 

  • お仕事のご依頼 プライバシーポリシー
  • Copyright © 2019 やむの気ままな備忘録 All rights reserved.