やむの気ままな備忘録

やむの気ままな備忘録

人見知り&インドアによる超アクティブ旅行記

【箱根】食べ歩きグルメを侮るな...後悔しないように買っておくべきお土産

こんにちは。やむです。

前回は大人の箱根グルメの楽しみ方についてお話しました。
美味しい豆腐屋巡りは箱根の大人な楽しみ方|豆腐ランチ・豆腐スイーツ - やむの気ままな備忘録

今回は、箱根湯本駅前にある商店街を中心とした食べ歩きグルメについてです。

そしてその中で特に美味しかったものをお土産として購入したので、私のように「これ、もっと買っておけばよかった...」と後悔しないために、お土産選びの参考にしてみてください。

 

 

箱根土産は食べ歩きしてから決めるべし! 

箱根湯本駅前商店街 美味しかった名物スイーツ4選

 

駅すぐ目の前に続く商店街には食べ歩きに最適なグルメスポットがたくさんあります。

「食べ歩き」と聞くと歩きながら食べる様子を想像するのですが、正確にはその場で食べて・歩いて・また食べるというように各所で立ち止まって食べるのがマナーです。

 

商店街には何店舗もお店が連なっているので、その中から箱根に来たならココ!といえるようなお店をピックアップしてみました。

 

菊川商店 はこね温泉マークが目印

f:id:yam_kimama:20190915113105j:plain

菊川商店はこれからご紹介するお店の中で、箱根湯本駅から一番近いお店になります。

こちらの名物ははこね温泉のが入ったまんじゅうで、かわいらしい見た目から購入の列ができるほど人気でした。

f:id:yam_kimama:20190915112936j:plain

まんじゅうを焼き上げている様子を外から見ることができます。焼きたてあつあつの出来立てを買うことができるので嬉しいです。

これを見ると買いたくなっていしまいますよね。

 

箱根まんじゅう

f:id:yam_kimama:20190915113110j:plain

菊川商店の箱根まんじゅう(¥70)はまんじゅうと言っても、カステラのような生地なので洋風のおまんじゅう。

「はこね」のを見ると箱根に来たな~と実感がわいてくるのは私だけでしょうか。

1個から購入可能でお土産用に10個まとまったものも販売しています。

f:id:yam_kimama:20190915113100j:plain

中身はあんこではなく、白あんなんです。

白あんはあんこほど甘すぎないのでカステラ生地との相性もよく、こんがり焼けた生地のカリカリした部分も美味しかったです。

一口サイズの小さめなおまんじゅうですが、¥70とお手頃なお値段なのも観光地だからとおごった感じがなくて好感が持てます。

 

  • 営業時間:平日8:00~18:00 土・日 8:00~19:00
  • 定休日:木曜日
  • 駐車場:なし

 

箱根焙煎珈琲 cafe andante コーヒー好きにおすすめしたい

f:id:yam_kimama:20190915113055j:plain
f:id:yam_kimama:20190915113045j:plain

生豆をご注文ごとに焙煎する「煎りたて珈琲豆」の専門店のcafe andanteになります。
煎りたてならではのマイルドな風味は、コーヒーの苦手だった方にも好評とのこと。

私もコーヒー好きなので必ず行こうと目星をつけていたお店です。

立て看板があるので見つけやすいと思いますが、炒ったコーヒー豆の香がお店の外まで香ってくるので、香りを頼りにしてもたどり着けます。

 

煎りたて・挽きたて・淹れたてのホットコーヒーも捨てがたいのですが、夏で暑かったこともあるので人気の珈琲牛乳ソフトを注文しました。

f:id:yam_kimama:20190915113050j:plain

珈琲牛乳ソフト(350税込)は多い日だと1日1000個も売れる人気ぶりです。

ソフトクリームを食べるのはいつぶりのことやら...

 

牛乳が入っているのでまろやかな味わいですが、珈琲感がガツンとくる大人も好きな味のソフトクリームです。
ミルクはそんな珈琲の味を引き立ててくれるような気さえしました。

コーンの先までしっかりソフトクリームがつまった美味しいソフトで夏にいいですね。

 

  • 営業時間:10:00~17:00
  • 定休日:不定休
  • 駐車場:なし

 

ちもと 駅前通り店 神奈川県の指定銘菓はリピート率高

f:id:yam_kimama:20190915113039j:plain

商店街をずっと進んだ場所にあるちもとは幅広い年代の方から親しまれているお菓子屋さん。
暖簾をくぐり店内に入ると昔ながらのノスタルジックな雰囲気がある店内です。 

先代より受け継いだ製法をそのままに、食品添加物など人工的な素材は極力使わず素材の力だけで完成する御菓子を作りたての状態で提供することを心がけているそうです。 

 

食べログを見てみると2年連続100名店となっていて人気のあるお店です。

f:id:yam_kimama:20190915113034j:plain
f:id:yam_kimama:20190915113028j:plain

こちらは看板商品の湯もち(¥237税込)で見た目はお餅のようですが、予想を裏切る食感で驚きました。

ふわふわと柔らかすぎる食感なので、手で持つとたれてこぼれ落ちるくらいの柔らかさ。
メレンゲが含まれたお餅のような不思議な食感で初めて食べたお菓子です。

中に入っているのはあんこかと思いきや羊羹でこれにも驚きました。

1個食べるともう一つ食べたくなりリピートされる理由が分かりました。

 

  • 営業時間:9:00~17:00 ※年末のみ9:00~16:00
  • 定休日:元旦・年数日不定休
  • 駐車場:なし

 

まんじゅう屋菜の花 お土産にと即決した一目ぼれまんじゅう

f:id:yam_kimama:20190915113023j:plain

まんじゅう屋菜の花の商品は「ただのお饅頭と侮るなかれ」と言いたいほど美味しいお饅頭屋さんです。

丸々1つの建物がお店になっているので遠くからでもすぐにわかります。

f:id:yam_kimama:20190915113017j:plain

お土産としてパッケージされているものは店内にて販売されているのですが、バラ売りされている饅頭も購入することができるのでこちらで味見してみてください。

バラ販売は店外にて注文後に蒸してくれるので温かいお饅頭を食べることができます。

f:id:yam_kimama:20190915112952j:plain

購入したら店内に長いすがあるのでそちらで食べることができます。
また、セルフにはなりますがお茶のサービスもあるのでちょっとした休憩として利用できます。

 

人気No.1 箱根のお月さま

f:id:yam_kimama:20190915113008j:plain

箱根のお月さま(¥110)は菜の花の看板商品で人気ナンバー1のお饅頭です。

波照間産の黒糖と十勝産小豆を使用し、20分蒸し上げることで皮はしっとり・もっちりした仕上がりになっています。

f:id:yam_kimama:20190915112957j:plain

ザ・お饅頭といった定番の味で安心感があります。

万人受けするお味で中のあんこも甘すぎず、もっちりした生地とあんこの分量がちょうどいいので甘さがくどく感じませんでした。

 

人気No.2 ご黒うさん

f:id:yam_kimama:20190915113012j:plain

人気ナンバー2は真っ黒色のお饅頭、ご黒うさん(¥105)です。

かわいらしいネーミングですよね。初めはお饅頭の包装に書かれている読み方が分からなかったのですが、気づいたときはハッとしました。笑 

 

ごまあんに黒糖生地でさらに竹炭を重ねて黒々とした艶を帯びたお饅頭です。
本当に表面がつやっつやで見た目からしてかなり好みのお饅頭でした。

f:id:yam_kimama:20190915113003j:plain

このご黒うさん、お土産として全力でおすすめしたい商品です。
もうめちゃくちゃ美味しくてゴマ好きの方なら絶対買って帰りたくなる味。

表面がつるっつるで艶があるのが個人的に好きなポイント1つ目で、生地とごまあんの境目がわからないほど真っ黒なのも面白いです。


箱根のお月さま同様やわらかくてしっとりとした生地で、噛むとゴマの風味が広がり甘さも控えめなので何個でも食べられる味です。

正直私はあんこの甘さが苦手なのですが、ゴマの風味や竹炭が使われている生地のおかげでまったくしつこくありませんでした。

f:id:yam_kimama:20190915113340j:plain

まんまとお土産を購入。

個々はが1口サイズほどの大きさなのですが、ずっしり感があるので1個でも満足します。

家族で分けようと8個入りを購入したのですが最終的に独り占めするという...笑
それぐらい美味しくてとても気に入りました。箱根に行ったときは買いですね。

 

箱根湯本駅内のお土産売り場

 

商店街にて買い切れなかったお土産があれば駅内のおみやげ屋さんで購入することもできます。

こちらでご当地ビールなどを買って旅館へ行くのも良いですし、帰りのロマンスカーが来るまでの待ち時間にお土産を買っていくのにも最適です。
箱根のマイユクール祥月は女子旅向けおもてなしのフルコースで癒される - やむの気ままな備忘録

 

箱根の市 大涌谷に行けなくても黒たまごが買える!

f:id:yam_kimama:20190915112941j:plain

改札から出たところにあるおみやげ屋さん箱根の市では、食べ物はもちろんスイーツやお酒・グッズ・お弁当などなんでも買えちゃいます。

 

個人的にうれしかったのは大涌谷エリアのお土産が買えたことです。
今年の春ごろから噴火と火山ガスの影響でロープウェイも停止していて大涌谷へは行くことができません。

ですがこちらでは黒たまごをはじめ大涌谷にて販売しているお土産があったのでこちらで購入しました。
行けるようになったら大涌谷にもぜひ行ってみたいです。

 

アルコールも充実

f:id:yam_kimama:20190915113335j:plain

小田原レモンチューハイ(¥250+税)を帰りのロマンスカーで飲む予定だったのですが、歩き疲れで酔いそうだったので家に持って帰りました。

箱根ビールと迷った結果飲みやすそうなこちらを購入。
チューハイと言いながらもアルコール度数が8%あるので、これ一本でほろ酔い気分になれちゃいます。

 

そしてこちら、ただのチューハイとは思えないほど美味しすぎて勢いよく飲んでしまいました。

レモンの酸味とほんのりと苦みも感じ贅沢感があります。

コーラとかもそうなのですが、ビンで飲むと何となく美味しく感じるのでそれも相まって値段以上の美味しさでした。
箱根ビールもやはり気になるので次回はそちらを購入してみます。

 

  • 営業時間:8:30~21:00
  • 定休日:年中無休
  • 改札出て左手目の前

 

感想などもろもろ

 

やはり個人的にはまんじゅう屋菜の花の「ご黒うさん」は大量買いしておけばよかったな...と家に帰ってから思いました。それくらい美味しかったです。

お酒好きの方には今回ご紹介したレモンクラフトチューハイや箱根ビールがおすすめです。
種類もあったので宿で飲むのも良いですし、旅の思い出を思い出しながら帰りのロマンスカーやお家で余韻にひたるのもいいですね。 

 

帰りの荷物が増えてしまってお土産を買いに商店街に出るのが大変!という場合は、駅内に4か所コインロッカーがあり¥300のロッカーでも十分荷物(手荷物程度)が入りきるので、先に預けて身軽にしてから行くこともできます。

箱根は美味しいものがたくさんあるのでちょこちょこつまみながらお土産を厳選してみてください。

  • お仕事のご依頼 プライバシーポリシー
  • Copyright © 2019 やむの気ままな備忘録 All rights reserved.